健康豆知識

ハンドケアのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

相変わらず寒々しい日が続いておりますが、ご体調はいかがでしょうか?
乾燥へのケアは冬の季節だけでなく、一年中を通してケアしていれば皮膚の保湿力が高まり、手荒れを起こしにくくします。
そこで今回は、日常生活で気を付けたいハンドケアのポイントをお話させて頂きます。

お湯ではなく、ぬるま湯を使う

お湯は手の皮脂を流してしまうので、手のかゆみや乾燥を引き起こしてしまいます。
冷たい水だと血行が悪くなるということでお湯で手を洗う方がいらっしゃいますが、おすすめ出来ません。

化粧水で保水してハンドクリームを塗る

ハンドクリームには保湿成分が含まれてますが、保湿をしたとしても肌に水分が無ければあまり意味がありません。

まずは、肌にたっぷりと水分を与えてあげましょう。
そしてハンドクリームで保護しましょう。
そうすることでしっとりした肌を持続してくれます。

ハンドケア

ハンドクリームは温めてから塗る

ハンドクリームを出してすぐに使うのではなく、手のひらに乗せて少し温めてから使うと浸透力が高まるそうです。

手を塗らした後は、必ずハンドクリームを塗る

手が濡れた時はしっかりとタオルで水分をとり、すぐにハンドクリームを塗りましょう。
中々出来ないことですが、出来る限り行なっていきたいものです。

お風呂の後は5分以内にハンドクリームを塗る

お風呂から出た直後の肌は潤ってますが、5分以上経つとお風呂に入る前よりも肌が乾燥してしまうそうです。
そのため、お風呂の後は5分以内にハンドクリームを塗り、手の乾燥を防いでいきましょう。

手荒れの原因は皮脂が失われてしまうことです。
水仕事をした後は自然乾燥せずに、タオルで拭き取りましょうね。

以上、3回に分けてハンドクリームの選び方や使い方についてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたか?
一つでもご参考になれば幸いです。

コメントを残す

*

4 × 5 =