健康豆知識

夏場の食中毒対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

みなさま、ワールドカップの試合は楽しめましたでしょうか?
次の試合では、選手の思い通りの試合をして欲しいですね!
寝不足の方は、前回の記事をご覧ください。

≪ W杯開催!睡眠不足を乗り切ろう! ≫

食中毒対策

なかなか天候に恵まれない日本ですが、週末に入ってからは天気が良い地域も出てきましたね。
気温も30度近くまで上昇してきていますので、気をつけなければならないことも増えますね。
夏場は日射病や熱中症、食中毒などありますが、今回は食中毒への対策についてご紹介します。

お弁当の食中毒対策

お弁当を作る際に、食中毒対策はされてますか?
会社に冷蔵庫など、お弁当を冷やす場所があれば別ですが、そうではない場合の対策は、
難しいと思われます。

安全に食べられるお弁当を作る際には、、、

  • 汁気を取ってから詰める。
  • 食材はしっかりと火を通す。
  • きちんと冷めてからフタを閉める。

などのポイントがあります。

食材が本来持つ防腐効果も活用すると良いかもしれません!!

例えば、梅干しは昔から防腐効果があることが知られていますが、
単にお弁当に入れていては、梅干しの周りにしかその効果がありません。

ご飯を炊く際に梅干しを数個入れて、炊き上がったら混ぜ込むようにすると、
お米全体を梅干しでコーティングされて傷みにくくなると言われているようです。

そのほか、酢や蜂蜜、にんにく、みょうが、大葉、唐辛子なども防腐効果に期待!
お弁当箱を酢で拭いておくというのも良い方法らしいですね。
夏場は気温が高く食中毒になりやすいので、お弁当作りを工夫して行なっていきたいですね。

コメントを残す

*

five × three =