健康豆知識

夏は食中毒に注意しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

続々と各地域で梅雨明けが発表され、本格的な夏がもうすぐそこまで来ております。
夏は外でバーベキューを行なったり、ハイキングやウォーキング、登山など、
アクティブに楽しまれるかと思います。

そんな暑い中で行なわれるバーベキューや持参したお弁当には、「カンピロバクター」や
腸管出血性大腸菌(O157など)」による食中毒を引き起こす細菌が増殖するリスクがあります。

特に梅雨が明けた今時期から9月頃までは、高温多湿の環境になりやすく、
食べ物の傷みが早まってしまうので、注意していきたいですね。

食中毒を予防する6つのポイント!

政府広報オンラインで食中毒予防のポイントを6つご紹介されておりました。
各場面に於いて、普段のご自分と照らし合わせていただいて、
有効に活用してみてください。

買い物

  • 賞味期限、消費期限を確認する
  • 肉や魚などの生鮮食品や冷凍食品は最後に買う
  • 肉や魚などは汁が他の食品に付かないように分けてビニール袋に入れる
  • 寄り道せずにすぐ帰宅

家庭での保存

  • 冷蔵や冷凍が必要な食品は、帰宅したらすぐに冷蔵庫や冷凍庫に保管
  • 肉や魚はビニール袋や容器に入れ、他の食品に肉汁などが掛からないようにする
  • 肉、魚、卵などを取り扱うときは、取り扱う前と後に必ず手指を洗う
  • 冷蔵庫は10℃以下、冷凍庫は-15℃以下に保つ
  • 冷蔵庫や冷凍庫に詰めすぎない詰めすぎると冷気の循環が悪くなる

下準備

  • 調理の前に石けんで丁寧に手を洗う
  • 野菜などの食材を流水できれいに洗う(カット野菜もよく洗う)
  • 生肉や魚などの汁が果物やサラダなど、生で食べるものや調理の済んだ
    ものにかかからないようにする
  • 生肉や魚、卵を触ったら手を洗う
  • 包丁やまな板は肉用、魚用、野菜用と別々にそろえて使い分けると安全
  • 冷凍食品の解凍した後に再度冷凍したり、解凍を行なわない
  • 使用後のふきんやタオルは熱湯で煮沸した後、しっかりと乾かす
  • 使用後の調理器具は洗った後、熱湯をかけて殺菌する
    (特に生肉や魚を切ったまな板や包丁は念入りに。台所用漂白剤もOK)

調理

  • 調理前の手洗いは必ず行なう
  • 肉や魚は十分に加熱。(中心部を75℃で1分間以上の加熱)

食事

  • 食べる前に石けんで手洗い
  • 清潔な食器を使う
  • 作った料理は、長時間、室温に放置しない

残った食品

  • 残った食品を扱う前にも手を洗う
  • 清潔な陽気に保存する
  • 温め直すときも十分に加熱
  • 時間がたち過ぎたものは思い切って捨てる
  • ちょっとでもあやしいと思ったら食べずに捨てる

コメントを残す

*

five × 4 =