健康豆知識

秋冬までに知っておきたい洗顔の間違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

洗顔を何となく行なっていたりしませんか?
洗顔を行なう意味と方法を知って行なうのと知らないで行なうのとでは結果が変わります!
今回は洗顔方法についての豆知識をご紹介します。

1.洗いすぎ

一日に1回~2回顔を洗うのであれば問題ありませんが、それ以上行なうと必要な油分も落ちて、
肌に負担を掛けることになってしまい、その結果、乾燥を招いてしまいます。

2.間違った温度の水

温かい水が毛穴を広げてくれ、冷たい水で毛穴を引き締めてくれるというのはよく知られて
いますが、実は間違った情報だそうです。

毛穴は広げたり閉じたりする筋肉は無く、肌の自然な保護機能を奪い、乾燥、皮脂の多さを
招くそうです。
ぬるま湯で洗顔するのが最も効果的です。

3.洗顔後の拭き方

洗顔後、顔をゴシゴシ拭こうとするとタオルが肌を引っ張ってしまいますので、
軽くポンポンとタッチするような感覚で水分をとりましょう。

洗顔

4.すすぎをしっかりしない

洗顔した後にすすぎをしっかりしないと、洗顔料や肌の汚れが
きちんと落ちてくれません。

見過ごしがちなアゴのライン、髪の生え際、小鼻周りなどを意識して
すすいであげましょう。

5.保湿のタイミング

洗顔後はすぐに化粧水と乳液をつけて、肌の水分が蒸発しないようにしましょう。
特別に肌のお手入れをする場合やパックをする場合も洗顔後、時間をおかずに行うと
効果的だそうです。

秋冬の乾燥する時期に向けて、きっちりとした洗顔・保湿をしていきたいですね。

コメントを残す

*

seventeen + 4 =