健康豆知識

ドゥ・ケルバン病とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

スマートフォンやPC、ピアノなどで腱鞘炎になったことはありませんか?
腱鞘炎も何種類かに分かれるそうですが、その中のひとつ「ドゥ・ケルバン病
について本日はお話していきたいと思います。

ドゥ・ケルバン病とは

腱鞘炎の一種で、指の使い過ぎによって起こる病気です。
スマートフォンの場合、片手操作になると自然と親指が動くことになりますが、
親指に過剰に負荷が掛かると手首に痛みと腫れを生じてしまうそうです。

日本では「狭窄性腱鞘炎」と言います。
スマートフォンを操作する人にとっての症状は…

  • 親指を広げたり、動かしたりすると激痛が走る
  • 親指をうまく動かせない
  • 親指や手首が腫れる

ドゥ・ケルバンチェック!

  • 親指を手の平の中に入れて、こぶしを作る。
  • 手首を肘の外型に曲げる。

手首や指に痛みがあれば、ドゥ・ケルバン病の可能性があるそうです。

原因や治療法はあるのか

  • 片手でスマートフォンを長時間操作している方
  • 乳児を頻繁に抱っこしている方
  • パソコンやピアノで手指をよく使う方
ドゥ・ケルバン病

こういう方々がドゥ・ケルバン病になりやすいと言われています。
治療法として、一番は安静にしていることです。
また、湿布や消炎鎮痛剤で痛みを抑えたり、腱鞘内にステロイドを投与したり、
ひどい場合は、手術をすることもできるそうです。

ドゥ・ケルバン病の予防とは

手や指を長時間使うことを避けたほうが良さそうです。
適度な休憩、反対の指にスマートフォンを持ち替えて操作するなどして、
手や指への負荷をなるべく軽減させる方法が良いです。

やむを得ず長時間負荷をかける場合は、サポーターやテーピングなどをして
固定しておくことで、手や指の負担を軽減することができます。

コメントを残す

*

10 − three =