健康豆知識

寒いときにはココア♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

寒い時に自販機の目の前で温かい飲み物を選ぶとき、皆さんは何を選びますか?
私なら秋冬の定番でもあるココアを選んでしまいます♪
なぜ、「寒い=ココア」のイメージがあるのでしょうか?

今回はココアの成分や特徴、体を温める理由について調べてみました。

ココアの原料は、チョコレートと同じカカオ豆
チョコレートは砂糖や脂肪分などを加えて出来ますが、ココアは脂肪分を取り除いた
ものになるので、豆や葉から抽出したコーヒーやお茶とは異なり、そのまま溶かして
飲むので、栄養素をあますことなく摂取することが出来るという特徴があります。

ココア

これらの栄養素は、美容や健康、冷え性、殺菌効果など、様々な面で期待されているようです。
成分としては、カリウムやマグネシウム、リンなどのミネラルやビタミンB2、B5、B12など
が多く含まれております。

実はしょうがよりもココアの方が、身体を長時間温めてくれるそうです!
これからの寒い時期に、一日一杯のココアを生活に取り入れてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*

thirteen + eight =