健康豆知識

肝斑というシミが発生する原因と治療

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

肝斑(かんぱん)」とは、顔の皮膚に出てくるシミの一種です。
シミには、”日光黒子”や”ソバカス”などいくつかの種類がありますが、
肝斑はこれらとは異なる性質となります。
そして、日本人の皮膚は肝斑ができやすいそうです。

日本人であれば、今後のためにぜひとも知っておきたい!
そこで今回は肝斑の原因と治療、やってはいけないことを調べました。

肝斑の特徴

肝斑は30歳~40歳代の女性に多く見られ、50歳代後半になると、新たに発症する人は
ほとんどおらず、60歳を過ぎると逆にシミが薄まったり、無くなったりすることが多いようです。

通常のシミは紫外線を受けると発生するのに対し、肝斑は紫外線に当たらなくても発生するという
違いがあり、発生場所については目の周囲には出来ず、両頬骨や口の周辺に左右対称に広がるよう
に出るという特徴があるそうです。

また、肝斑という名称は、シミの形状が肝臓に似ていることから名付けられたもので、
肝臓との関係性はないそうです。

肝斑

肝斑が発症する原因とは

原因はまだ正確に解明されていないようですが、女性ホルモンと関連があるとされています。
また、ストレスと関連があるという説もあります。

治す方法はあるの?

シミに対する一般的な治療としては、トラネキサム酸やビタミンC、ビタミンEを配合した
塗り薬やケミカルピーリングなどの方法があります。
ただし、レーザー治療は肝斑には逆効果になることもあるそうなのでご注意を!

肝斑に対してやってはいけないこと!

  • 皮膚に刺激を与えないこと
  • 肌に合わない化粧品は使わないこと
  • ゴシゴシと洗顔をしないこと
  • 強い力でマッサージを行なわないこと

これらと並行して、肝斑を悪化させないように紫外線対策を行ないましょう。
また、ストレスを溜めないために生活リズムを見直してみたり、睡眠時間を
十分にとることも大切みたいです。

コメントを残す

*

4 × 4 =