健康豆知識

緑を見ると目に良いというのは本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

仕事でパソコン、スマホ操作…
日常生活でもパソコン、スマホ操作…
何かとディスプレイを見る機会が増えて、目が休まらない状況が多いかと思います。

ブルーライト

これでは、目の疲れが溜まる一方ですよね。
日々、目を酷使している環境でも、なるべく目の疲れを軽減したいですよね。
今回は、目の疲れを軽減させる方法調べましたのでご紹介します!

環境を改善して目の疲れを減らそう!

目の疲労が原因で一時的に見えづらかったり、かすみを引き起こしたりするのは、
日常の行動でケアしていくことが大事です。

1.パソコンやスマートフォンの画面を長時間見続けると、目の筋肉が固まって
  疲労が溜まっていきます。

  1時間に1回は、画面から目線をそらして遠くのものを見ることで、
  固まっている筋肉をほぐしましょう。

2.まばたきの回数を意識することも大事です。
  デスクワーク中、まばたきの回数が通常の4分の1まで減るそうです。
  多めにまばたきをして、しっかりと目を潤しましょう。

3.デスクワークでパソコンを見る際、パソコンの画面を見下ろす形で見ましょう。

  これは見上げるよりも首の筋肉に負担を掛けずに済み、見下ろす方が、
  まぶたの開く幅が小さくなるので、目の乾燥を抑えられる
そうです。

4.緑を見ると目が良くなる?
  緑を見ることで心理的にリラックスした状態になりますが、目に与える影響は
  変わらないそうです。

  パソコンのモニターから出る緑の光は発色の力が強くて、目に刺激を与えるので
  疲れやすくなるそうです。

目に良いと思っていたことが、実は逆効果だったということも!

仕事はもちろんのこと、日常生活にも関わる大切な目なので、普段の行動から
少しずつ改善していきたいですね。

コメントを残す

*

one + 6 =