健康豆知識

汗のイヤなにおいを防ごう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

夏も終わりが近づき、天気予報では秋雨前線が日本列島に差し掛かってますね。
北から冷たい空気が来ているとのことなので、これからの朝晩は涼しそうです。
夜は熟睡、朝は気持ちよく起きられますね。

しかし、まだまだ涼しいとは言えない日中の暑さ
少し動くと汗ばんでしまいますよね。

夏場のイヤな汗のニオイもまた気になりますね。
そんなイヤなニオイを解決するのに、汗拭きシートや香料が入ったスプレー等々、
対応されているかと思います。

「なぜ汗は臭いのか?」という疑問を持たれるかと思いますが、そもそも汗自体ににおいは無く
汗の成分と雑菌が反応して、人によってはニオイを発するようになってしまうそうです。

ポイント汗の成分を身体に残さないことだそうです。
家にいる時はシャワーがベストだと思いますが、外出時に汗をかいた際は、
汗ふきシートなどを活用しましょう。

汗を大量にかいてしまう人は薄い下着を1枚着て、汗をかいたら脱ぐ、もしくは取り替えるのが
良いと思います。

実は汗には良い汗と悪い汗があります。
良い汗は水に近いサラサラとした汗で、すぐに蒸発してしまうため、ニオイが残らないそうです。
悪い汗はベタベタとした汗で皮膚に残りやすく濃度が高いため、雑菌が繁殖しやすいそうです。

良い汗をかくようにするためには、汗をかく習慣をつけることだそうです!

運動して汗をかくのは良いことですが、中々出来ない方もいらっしゃるかと思います。
その場合は、足湯に10~15分浸かったり、半身浴を行なってみましょう。

トレーニング

最初は汗が出にくいと思いますが、継続することで汗腺の状態が改善され、
汗を上手にかけるようになってくるかと思います。
夏以外の時期も継続して行ない、体質を根本から改善していきましょう!

コメントを残す

*

3 × four =