健康豆知識

自律神経失調症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

昨日は気温が上がり、上着が無くても過ごしやすい陽気でしたね。
ニュースでは、桜が咲いた地域もあるとか。

だんだんと春に近づいてきておりますが、春は気温と気圧の変動が大きいため、
血圧の変動も大きくなります。

自律神経失調症

春に注意したい「自律神経失調症」と「うつ病」

春は自律神経の乱れに加え、社会的な環境の変化でストレスを受けやすく、
うつ病にもなりやすい季節です。

気温や気圧の変化によって血圧の変化は、自律神経である交感神経と副交感神経に
負担をかけるため、疲れや痛みを感じやすくなってしまいます。

今まで楽しくできたことが楽しめなくなった人や極端に気分が落ち込む人などは、
うつ病の可能性がります。

自律神経の乱れを緩和・改善するために

規則正しい生活をし、適度な運動を心掛けましょう。
また、体内時計の乱れを整えましょう。

そのためには、、、

  • 毎日同じ時間に起床する。
  • 朝起きたら、カーテンを開けて太陽の光を浴びるようにする。
  • 毎日同じ時間に食事を取る。(特に朝食は、1日のリズムを整えます)
  • 夜、明るい光を浴びない。

このような方法があります。

そのほかに仕事が忙しく疲れてしまった時は確りと休む。
イライラで心が疲れてしまった時は、好きな音楽を聴く。
自然の景色を楽しんだり、温泉旅行に行くなど、自分自身をセルフコントロール
していくのも大事です。

規則正しい生活を送り、心身ともに健康な生活を送りましょうね。

コメントを残す

*

three × five =