健康豆知識

アトピックドライスキンって何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

お肌の症状は人によってさまざまで、症状が強くでる人もいれば、あまりでない人もいます。
お肌の症状の中でも今回は、アトピックドライスキンについてお話致します。

アトピックドライスキンとは

皮膚のもつバリア機能が衰えてしまい、かゆみ症状がでるとともに肌がカサカサしてきたり、ぶつぶつがでたりする肌のことを言うそうです。

私もよく肌が荒れてしまいますが、アトピックドライスキンは初めて聞きました。
症状がひどいとアトピー持ちの方であればアトピーも強くでてしまう可能性もあるそうですね。

アトピックドライスキンになる原因としては、セラミドと言われる肌の角質層にある成分が少なくなっていることが挙げられます。

角質層は角質細胞が何層にも重なってできている層でそのひとつひとつの角質細胞をつなぎとめているのがセラミドです。
そのセラミドが一定量以上無いとお肌の潤いが無くなり、乾燥してしまうのです。

セラミドを作る働きをするのがグルコシルセラミドスフィンゴミエリンという物質なのですが、この物質はほかの物質に変えてしまう酵素によってセラミドの量が少なくなり、結果的にアトピックドリスキンを引き起こしてしまうのだそうです。

アトピックドライスキン

予防するには

  • 肌を清潔な状態にしておくこと
  • 肌を乾燥しないようにすること

この2点が大事みたいですね。

低刺激のボディーソープを選ぶ。
洗う際はお肌に対して力を入れずに優しく洗う。
皮膚が乾燥しないように気づいたらすぐに保湿剤を塗りこむ。
このようにして乾燥を未然に防いでいきましょう!

コメントを残す

*

2 × one =