健康豆知識

クーラーは涼しいけど冷えには気を付けて!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

真夏の暑い日には冷房が欠かせませんね。
ただ、身体が冷え過ぎると具合が悪くなったり自律神経が乱れてしまったりしてしまいます。
今回はこの時期だからこそ起きやすい冷えの対策についてご紹介します。

外出先やオフィス内での注意点

1.汗を拭かずに冷房にあたる

外に出るだけで汗がタラタラと出てきてしまいます。
走ったらさらに暑くなるので、体から汗を出して体温調節をします。
体の汗を拭かずに冷房が効いた部屋にいると、汗の影響で風邪を引いてしまうこと…
涼しい場所に行く際はあらかじめ汗を拭いておきましょう!

2.冷房が直撃する

“ 運悪く自分の席は冷風が直撃!! ”
という話はよく聞きます。
最初は良いかもしれませんが長い時間冷風にあたっていると、筋肉が収縮するので血行不良になって肩が凝ってしまいます。
そうならない為には首にスカーフやタオルを巻いたりして、直接皮膚に風が当たらないようにして首筋を冷めないよう対策してみてください。

冷房

帰宅した時にも注意が必要

1.帰宅時間に合わせて冷房のタイマーをセット

これをすれば部屋は快適な状態になりますが、外との温度差が5度以上あると体調不良を招きやすくなるので、温度差が大きくならないように調節していきましょう。

2.冷たい飲み物アイスで涼む

暑い日には冷た~い飲み物やアイスが食べたくなりますよね!
ただ、連日食べるのは体の消化機能を低下させてしまうので、適度に食べましょう。

3.運動をしない、シャワーだけで済ますのはなし!

定期的に運動して発汗することで自律神経の乱れを緩和します。
冷えて乱れた自律神経と体のコリはシャワーだけではなく、お風呂にゆっくりと浸かって疲れを癒しましょう。

4.就寝中の温度管理も大事!

暑いときはエアコンのOFFタイマーをセットして寝ていることがあると思いますが、睡眠中は室温が30度近くまで上昇することもあるので、かえって睡眠の質を低下させてしまうことがあります。
室温が上がりすぎないように調節しましょう。

この時期だからこそ起きやすい身体の冷えにおける注意点が見えてきたでしょうか?
肩こりや自律神経の乱れが起きやすいこの季節にぜひお試しください。

コメントを残す

*

twenty − 7 =