健康豆知識

梅雨時の除湿に重曹を!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。


ジメジメとした時期がやって参りました。

梅雨のあいだは洗濯物を外で干せず、部屋干しする機会が多いと思います。
湿度が高い状態が続くのでじめじめ感がなかなかとれず洗濯物もぜんぜん乾かない…

そういうときは除湿機が役立ちますが【  重曹  】も実は役立ちます。
料理や掃除のときだけじゃない!
消臭・除湿をしてくれる重曹についてお話させていただきます。

重曹とは

重曹 = 炭酸水素ナトリウム

塩よりもやわらかくなめらかな白い粒子の粉で、純度によって食用や掃除用などグレードがあります。

重曹の4つの働き

①洗浄剤として

重曹には研磨作用があります。
焦げ付いた鍋やフライパンの洗浄の際、水と重曹を入れて沸騰させて冷めるまでおいておくと、焦げを簡単に落とせます。
重曹はアルカリ性なので酸化した汚れを中和させて、落としやすくしてくれるのです。

②消臭剤・吸湿剤として

重曹には消臭する効果と湿気を吸収する効果があります。
部屋のイヤなにおいやタバコ・ペットのにおいにも効果があります。
また、湿気が多いところにおくと湿気を吸収しつつアルカリ性の特性を活かしてカビ対策にもなるので一石二鳥です!

③入浴剤として

重曹には軟水をつくる性質があり、入浴の際に浴槽に少し溶かすとなめらかなお湯に変わり、身体もポカポカです。

④膨張と発泡剤として

よく食品売り場にもあって、お菓子作りで膨らませる働きがあることは、よく知られているとおりです。

重曹といえば「汚れを落とす」「お菓子作り」のイメージしかありませんでしたが、消臭や除湿にも役立つのはびっくりです。
湿気が多い梅雨の時期には重曹を活用して乗り切っていきましょう。

コメントを残す

*

2 × 2 =