健康豆知識

手荒れに効くハンドクリームの選び方!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

皆さんこんにちは!
バイオシャークゼネラルフーズスタッフの石塚です。

寒くなってきて乾燥が進み、手荒れが気になる季節。
ハンドクリームでの保湿が大事になってくるかと思います。

ハンドクリームには様々な種類があり、成分が違うのでどれが自分に合っているのか
わかりませんよね。
本日は手荒れに効果的なハンドクリームの選び方を調べてみました。

ハンドクリームの選び方とポイント!

ハンドクリームの主な働きは、手の保湿を高めて外の刺激から保護することです。
しかし、現在市販されているハンドクリームは、含まれている成分によって効果が違ってきます。

ハンドクリームに含まれている成分によっては、手荒れがさらにひどくなることもあるかもしれません。
このような失敗をしないためにもハンドクリームの成分と効果を知り、正しく使っていきましょう。

≪ ビタミン系ハンドクリーム ≫

ビタミンCやEが多く含まれており、血行促進効果で手荒れとともに
手先が冷えやすい方に良いかと思います。
比較的、手荒れが軽度の方に向いているそうです。

≪ 保湿成分配合のハンドクリーム ≫

保湿性が高い成分に”セラミド“や”ヒアルロン酸“があります。
成分が角質の奥にまで浸透するので、手の外側だけでなく内側も潤いを高めてくれるそうです。
カサカサとした軽度の手荒れに良いとされているようです。

≪ 尿素系ハンドクリーム ≫

このハンドクリームは症状が軽度の方や敏感肌の方、年齢の若い方が使うと返って逆効果になる場合があります。

これはガサガサになった角質層を溶かして削り取るような作用なので、角質がとてもひどい状態である方に良いとされているようです。

≪ ワセリン ≫

ワセリンは石油から作られているものです。
石油から作られているというと「使っても大丈夫なの?」と疑問の声が聞こえてきそうですが、ワセリンは刺激が弱いので安心なのだそうです。

ただし、手荒れの症状を改善したり、緩和するための成分は含まれておりませんので
手荒れを予防するためのものとして使用するほうが良いと思われます。

≪ かゆみ止め系ハンドクリーム ≫

かゆみが強いと手で掻いてしまって、症状が悪化するのでかゆみを止めるハンドクリームを
選ぶと良いと思います。
尿素系と非尿素系の2種類があるそうなので、手荒れの症状に合わせて選ぶようにして下さいね。

少々ご説明が長くなってしまいましたが、お持ちのハンドクリームはご自分の症状と
合ってましたでしょうか?

次回は、手荒れのケアについてお話させて頂きます。
正しいケアで、この乾燥する季節を乗り切っていきましょう!

コメントを残す

*

three × 3 =